レンタカーで北海道旅行をするなら気をつけて!

冬の北海道を、レンタカーで旅するなら気をつけた方がいいことがあります。雪道での運転です。雪道についてきちんと知り、準備をしていないと思いがけない事故を起こしてしまうかもしれません。

車の準備を万全に

スタットレスタイヤを履いているのはもちろんのこと、4輪駆動の車を選ぶといいです。靴に雪がついている場合には、きちんと落としてから運転席に乗るようにしましょう。靴に雪がついた状態で運転をすると、アクセルやブレーキに足をかけた時に感覚が鈍るばかりか、滑る可能性があります。とても危険です。
車の上に雪が積もっている場合は、落としてから運転するようにしましょう。車に雪を乗せたまま運転すると、ブレーキをかけたり、減速したりしたときにフロントガラスに雪が落ちて前が見えなくなってしまうことがあります。事故の原因になります。

雪道の知識を身につけて

雪道ではどのような場所や道路状況が滑りやすいのか知っておく必要があります。油断していつも通りのスピードを出したり、ハンドルを切ったりしていると思わぬ事故を起こしてしまいかねません。
雪がなく、なんの変哲もない道路に見えても、実は凍っている場合もあります。交差点付近では、車が停車したり発進したりするために雪が解け再び凍ったり、雪が踏み固められたりして滑りやすくなっています。
橋の上や、日陰になっている道も凍っている可能性が高く、非常に滑りやすいです。日中も、道路の温度が低いためです。

便利だけど、危険もある

北海道を旅行する際に、レンタカーは非常に便利です。ですが、雪道の運転に慣れていないと危険です。冬の北海道では、急ブレーキや急ハンドルなど「急」のつく運転は避け、車間距離などにも余裕をもって運転するようにしましょう。

関連する記事